当事務所の特徴

当事務所の会社設立等についての方針、特徴

1. 業歴30余年のベテラン行政書士が対応し、長い経験の中で培ったノウハウでご相談にのります。「会社設立なんて簡単」と甘く見ていると先へ行って怪我をします。
経験不足の事務所は調査も十分でなく不安です。
2. 行政書士事務所としては最大手の行政書士合同事務所です。
3. 車庫証明、内容証明、離婚、交通事故、債権回収、風俗営業等を取り扱いません。
クライアンッツは企業で且つ昼間の仕事の方のみをお手伝いさせて頂きます。
4. 示談交渉、遺産分割交渉も行いません。紛争に関与せず、紛争を予防します。

5. 会社の設立について下記のように進めます。他との相違です。
A. 商号について。
① 会社の名称は想像以上に大切です。昔の人は「名は体を表す」といって命名に神経を使いました。特に、会社の場合は、業種に会った商号が大切です。
さらに覚えやすい商号も大切です。
② 次に、商号は本店さえ異なれば同一の商号を登記することは可能です、しかし、設立してから、不正競争防止法違反や商標法違反に問われることが有ります。
慎重に、十分に商号調査をする必要があります。プロに任せて下さい。
法律違反を問われないように調査を致します。調査の結果を残しておく必要もあります。調査のノウハウも他の事務所との差別化を図っています。
B. 本店をどこに置くか。
本店をどこに置くかは、会社の信用の為にも大切です。
また、税務署の管轄が自動的に決まります。現在の借りている事務所を本店にするか、自宅を本店にするか、検討に値します。知らないと損をします。
C. 目的をどうするか。
目的は、謄本を見た人が分かりやすく、且つきれいな言葉で、そして整理されていることが大切です。ボキャブラリーが多く必要なのです。貸金業、貴金属、宝石等を悪戯に目的に入れると信用を害してしまいます。不要な目的は入れないことをお勧めします。
D. 資本金について。
資本金1円でも会社は設立できますと説明する行政書士、司法書士は危険です。
法的には問題ありませんが。取引先からの不信をかいます。
また現実に会社経営が資本金1円でできる筈が有りません。
銀行も相手にしてくれないでしょう。
できることと、やってはいけないことは別なのです。
建設業者は資本金5百万円以上1000万未満で設立することを忘れずに。
E. 株主について
株主は会社の所有者の意味です。ですから、だれを株主にするかは真剣に考えなければ成りません。先へ行って相続問題にも影響します。
社員持ち株制度や他の役員に株を持たせる時の注意事項、ノウハウが有ります。
F. 役員人事について。
会社の役員の形態も色々あります。御社に合った役員形態を検討致します。
裏技もお教え致します。

G. 決算期について。
決算期をいつにするかで消費税も変わってきます。忙しい時に棚卸が必要では困ります。その折衷案が大切でしょう。
H. 役員報酬について。
役員報酬は、年俸で決めますので設立後すぐに決めなければならないのですが、ノウハウがあります。家族役員の報酬は客観性も求められます。さあどうしますか。

ご相談料について、何回でも相談は無料とさせて頂きます。
お気軽にご予約下さい。

テキストのコピーはできません。