報酬の参考!

ご自分で株式会社設立手続きを行った場合と行政書士事務所に依頼した場合の比較
(行政書士事務所により手数料は異なりますので一例を挙げました)
お問い合わせ

ご自分で手続きをする場合

行政書士等に依頼する場合

定款認証手続

収入印紙代*1

40,000円

電子認証につき無料      0円

認証手数料

50,000円

50,000円

謄本代

約3,000円

約3,000円

登記申請手続

登録免許税※

150,000円

150,000円

当事務所報酬等

0円

47,000円

総費用

243,000円

250,000円

※登録免許税は資本金の1,000分の7ですが、15万円に満たない時は15万円に成ります。
ご自分で手続きを行った場合でも電子認証の場合は収入印紙4万円が安く成ります。
登記のみは、法務局のホームページから申請書をダウンロード(Word)すればだれでも申請書が簡単に作成できます。司法書士、行政書士等に依頼の場合はご紹介します。

 会社設立時の注意事項:
1、決算期を何時にするか!場合によって不利益になることがあります。
2、本店所在地は正確に記載していますか!(番、番地、の)
3、資本金は、その金額で本当に良いですか!
4、役員の人選は。将来に影響しますが大丈夫ですか!
5、商号の調査は十分にしていますか!・・・登記ができても不正競争防止法違反等になることがあります。(調査が必要です)
6、目的の数は必要以上ではありませんか!・・・多すぎると信用を失うことがあります。
7、目的の文言はおかしくありませんか!日用雑貨品ではありません。日用品雑貨です。
8、目的の「業務」、「事業」等は統一していますか。
9、資金繰りは大丈夫ですか。
10、創業融資は早めに検討していますか。
その他

テキストのコピーはできません。